ルネスタとの違いは?

数種類の薬

ルネスタはアモバンと同じように、服用してから早い時間で効果が現れ始める超短時間型の睡眠薬です。
2012年、つまりアモバンよりも後に発売されたルネスタはアモバンと同じで非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。
とてもよく似た効果を持つのですが、ルネスタはアモバンを改良して作られた、いわゆる改良薬になっており、アモバンの中にある効果がある部分だけを抽出して作られています。
アモバンの特徴的な副作用であった苦味も軽減されており、より多くの人が使用しやすくなった睡眠薬なんです。
苦味がアモバンよりも少ないので、アモバンは苦味が気になって駄目だったという人でもルネスタならそこまで気にならず、服用している人もいます。

ルネスタは服用してから1時間から1.5時間ほどの時間で血中濃度が最高値に達します。
半減期は約5時間程度で迎え、そこからだんだん薬が抜けていくため、ルネスタはアモバンに比べると若干緩やかに効き、緩やかに薬が抜けていく睡眠薬になっているんです。
そのため、アモバンとルネスタを比べると、ルネスタのほうが飲みやすく、はじめて睡眠薬を使う人でもオススメな薬です。
アモバンを改良して作られたのでアモバンよりも安全性が高いという一面も持っているので、安全性が気になる人もルネスタなら安心して服用することができそうですね。

簡単にまとめると、アモバンには苦味があるけれどルネスタは苦味が薄い、効き目もルネスタのほうが若干緩やかに効くといった違いがあります。
出来るだけ安心感がある睡眠薬を使いたくて苦味が気にならない人はアモバンを、飲みやすい睡眠薬がいいという人はルネスタを選ぶといいかもしれませんね。